香港にあるインターナショナルスクール 

セカンダリー部門あれこれ

たいていの日本人の子供達は香港に2校ある日本人学校へ通っておられることと思う。

香港日本人小学校 (香港校、タイポ校)

日本人小学校を卒業すれば日本人中学へと進む子が多いと思いますが、
中には中学からはインター校へ進むことになる子も少なからずおられると思います。
そして、日本人中学を卒業した高校生の中にも、日本の高校を受験せず香港のインターナショナルスクールのセカンダリーへ進む人もおられます。

香港内のセカンダリーのあるインターナショナルスクールリスト

Delia School of Canada
日本人の多い太古城にある有名なインター校
英語力がなくても入れる唯一の学校として重宝がられている。
しかし日本人の数が多すぎるため、英語力は伸び悩むこともある。

Concordia International School
デリアスクールと同じく英語力が問われない学校
北米式カリキュラム導入
日本の大学への進学も可能
しかしデリア以上に英語が第一言語という生徒が少なく、込み入った話などを英語でできる生徒が少ない

International Christian School
ミッション系の中学校、北米式ストリーム
幼稚園、小学校とカリキュラムについていけるだけの英語力を問われる。
したがって中学部も同じ、クリスチャン精神を大切にしている学校なので、厳しい雰囲気もある。英語力がある程度ある場合は編入可能

Christian Alliance International School
同じくミッション系のセカンダリー校
こちらも幼稚園、小学校を併設しており、カナダ式ストリームの授業方式
ウェブサイトを見る限りかなりきちんとしている学校のようで、セカンダリー卒業後、有名な大学へ進学している卒業生がたくさんいるようだ。
英語力がある場合は編入可能

Canadian International School of Hong Kong
カナダ系のインター校
幼稚園、小学校併設 
ある程度の英語力が必要
香港島南側にきれいな校舎があり、環境は良い

ESF Secondary Schools
このページにアクセスして調べてください。(イギリス式 GCSE,IB)
学区制なので、住むことになるエリア内の学校がすすめられます。
定員がいっぱいの場合は別の学校にまわされることもあります。
香港島エリア Island School/West Island School/South Island School
九龍エリア KGV/Shatin College/Renaissance College
どの学校も英語力が必要です。他の学校からの編入が年々難しくなっていますのでできれば小学校の間にESF系小学校に編入しておくのが良いでしょう。
エスカレーター式でセカンダリーに上がれます。

他にもいろいろありますが、他の学校については次回アップします。

日本人学校からですと、どうしても英語力の問われないデリアやコンコーディアへの進学が一般的ですが、そこで頑張って英語力を短い間に磨いて、授業に着いていけるようになってから、同じカリキュラムを取り入れている他校への編入も可能です。

しかし、GCSEIBを取り入れているセカンダリーでは、ちょうど統一試験にあたる学年での編入をコントロールしているところが多いです。
ですから、ESFのセカンダリーなどIBやGCSEを取り入れている学校への編入はかなり難しく、入れても条件付というところも少なくありませんので、編入前によく調べて納得の行く編入をしてください。

デリアやコンコーディアは北米式ですので、同じアメリカ、カナダ式の学校に編入したほうが、クレジット(単位)の移行を考えたとき便利です。

2013年 久しぶりに更新していますが、学校情報も以前とはかなり変わってきていると思います。
新しく聞く学校もありますので、少しずつ書き足して行きたいと思いますが、とりあえず昔のコンテンツのまま再オープンしています。ご了承ください。
もう少し詳しい情報については、メールにてご相談ください。